副業で生活に潤いを

副業で生活に潤いを

副業,生活,潤い

 

働いてる日本人でどのくらいの人が副業をしているか知っていますか?

 

実は約30%の人が何らかの副業をしているそうです。

 

 

2008年のリーマンショックの影響からか

 

現在では多くの企業でリストラや残業時間の削減、ボーナスのカットなど

 

収入が減る人が増えたからだと思います。


これから景気はよくなるの?

 

昨今不景気と言われ続けています。

 

それによってダメージを受けている人は決して少なくありません。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

 

ただ、人は徐々にダメージを忘れて景気が良くなれば副業もきっとしなくなります。

 

中には「もう不況は終わった」 「今後こんなことはないだろう」

 

なんて楽観視する人も出てくるでしょう。

 

 

果たして本当にそうなのでしょうか?

 

僕はそんなことはないと思います。

 

かつてはバブルと言われた時代もあり、現在は不況と言われている。

 

景気というものも流行のように循環するのでは?

 

 

もしそうであればあなたが生きている間にまた不景気に陥ることがあるかもしれないですよ?

 

そう考えるとやはり危機感は持って行動しなければいけないと思います。

暗い未来が待っている?

 

日本人の平均年収は下がり続けているという現実を知っていますか?

 

国税庁の調べでは1997年の467万円から2012年では408万円まで下がったそうです。

 

 

計算すると1年間で約4万円ずつ減っていってることになります。

 

そしてこれに合わせて給料の上昇率も緩やかになってると言われています。

 

 

40歳や50歳になっても給料の伸びは小さく、

 

定年が見えてくれば役職などもはずれてまた給料はダウンする。

 

そうするとあなたが描いている人生設計は崩れませんか?

 

 

それに加えて現在は働く人も減少している。

 

機械の技術などはどんどん進歩しているが人は減っているんです。

 

つまり業種は様座ありますが日本そのものの生産力が落ちているとも考えられます。

 

 

生産力が落ちていて現役世代の給料も下がっている。

 

そんな現状で社会が明るいわけないですよね?

 

さらにもっと暗くなるかもしれないのが現実問題なんです。

未来を明るくするために

 

国や地方の借金はまだまだなくなりません。

 

そしてその借金のために社会保険料や消費税などが上がり続けることもありえます。

 

 

そのために仮に年収が上がったとしても実際にもらえる手取りの収入は減ってしまうかもしれません^^;

 

そうなると今後

 

  • 家を買う
  • 車を買う
  • 旅行に出かける
  • 結婚する
  • 子供を育てる
  • 親の面倒を見る
  • 老後に備えて貯金する

 

といったようなことがすべて実現させる必要はないけども、

 

最悪1つも叶えられないなんてこともないとは言えない^^;

 

 

こういった問題を回避するためにも本業に頼るだけではいけないと僕は思います。

 

政治家や会社が助けてくれますか?

 

そんなわけありませんよね?

 

 

自分の未来を明るくするためにも自分が働いた分収入につながるように、

 

収入を増やして未来を充実させられるように

 

そんな未来に向けて副業を検討してみてはいかがですか?

副業で生活に潤いを関連ページ

副業はネットでする時代!?
昨今、個人での起業やプチビジネスなんていう言葉を耳にします。なぜこのようなビジネスが注目を集めるのかその背景を考えていきたいと思います。
副業することで節約にもなる!?
厳しい節約で毎月苦しむよりも副収入を得て心にもゆとりを生もう

トップページ プロフィール 目次 おすすめアイテム集 準備中 お問い合わせ